猪又建設の追求

土木

道路や橋、公園など街そのものを支える土木事業。猪又建設はこれまで、皆様から安全に利用していただける様々な場所を創りあげてきました。快適な街づくりのための新たな一歩をこれからも追求し続けます。

治山工事の様々な工法の内の谷止工を紹介します。
谷止工とは渓流の床の勾配を緩やかにし、山脚を固定する工法です。
その事で浸食が防止でき、山腹崩壊拡大を遅延させ、土砂が下流へ流れ出すのを抑制させる施設です。

妙高地区南地獄谷 地域防災対策総合治山工事(平成27年3月~約9ヶ月間)

 

既存の谷止工が長年の経緯により壊れてしまい、新たに谷止工を施工する工事です。
おおまかですが、工事の流れを紹介します。

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e6%89%93%e8%a8%ad%e8%a8%88%e7%94%bb%e5%9b%b3

 

谷止工の主なる材料はコンクリートです。コンクリートの総量は約2,000㎥となります。これは生コン車(10t/台)で500台分です。2,000㎥のコンクリートを一気に打ち込む事は不可能ですので、この谷止工を11段に分割して打込みます。また、渓流の水はバイパスを設置して、左右半分づつ施工します。