本文へ移動

工事実績

建築

SLくろひめ号
フォッサマグナミュージアムに展示されていた、産業用として国産最後の蒸気機関車『SLくろひめ号』の外観を綺麗に仕上げて、この度糸川駅南口に移設しました。
 
 
・・・ここまでの経過・・・
 
令和2年6月24日
フォッサマグナミュージアムより『SLくろひめ号』を福島の工場へ搬出しました。
令和2年6月~9月
福島県の工場において、『SLくろひめ号』を一度分解しました。既存の部品はケレン塗装処理を施し、経年劣化等により腐食が激しい部位(炭庫・水槽・運転室・煙突・缶筒覆い)などは新規製作を行いリメイクし、『新SLくろひめ号』に生まれ変わりました。
 
令和2年9月17日
福島県でリメイクされた『SLくろひめ号』が再び糸魚川に戻ってきました。
全貌が見えぬままの搬送でしたが、無事に糸魚川駅南口に帰還しました。
 
 
 
~ここだけの話~
『SLくろひめ号』の重量は約5t
手押しの台車ではとても運べません。
そこで、電気モーターが付いている台車を使用して、少しずつ慎重に動かし、約3時間をかけ搬入しました。
 
この工事に携わっていただいた関係者の皆さまのプロの仕事ぶりには感動しました。
大変ありがとうございました。
TOPへ戻る